忍者ブログ
201710231318
CATEGORY[]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


200710291206
CATEGORY[夏の夜の夢予備知識?]
此処を見てくださっている皆さんの殆どがこの作品の作者、シェイクスピアの名前を聞いた事があると思います。有名な作品にロミオとジュリエットやハムレットもありますね。
私は夏の夜の夢と聞くとガラスの仮面で北島マヤがパックという妖精を演じていたのを思い出します。。。(古い?
Study_for_The_Quarrel_of_Oberon_and_Titania.jpgこの作品は映画、舞台と様々な媒体で伝えられてきています。なので聞いた事がある方、観た事のある方も沢山いらっしゃるかと思います。
しかし元は同じ本から始まった作品が、創る側によって全く違うものになります。私達が上演する夏の夜の夢も、きっと今まで皆さんが観てきたものとまた違った作品となっています。・・・きっと。
是非、この作品を知らない方も知っている方もご来場いただけたらと思います。


さて。これから、夏の夜の夢とは・・・?というのを少しずつ紹介していきたいと思います。(一般的に言われているものなので全てが正解ではないと思いますが)
これを読んで少しでもこの作品に興味を持っていただいて、そして実際に観に来ていただけたらと思います。

第一回目「夏の夜の夢とは?」
夏の夜の夢』(なつのよのゆめ、原題:A Midsummer Night's Dream
ウィリアム・シェイクスピアによって1590年代中頃に書かれた喜劇形式の戯曲。全5幕からなり、アテネ近郊の森に脚を踏み入れた貴族や職人、森に住む妖精たちが登場する。幾度か映画化もされている。他にも後世に作られた同名の作品が複数ある1950年代までの古い日本語翻訳では真夏の夜の夢(まなつのよのゆめ)と訳されることが多い。メンデルスゾーンの同名の序曲および劇付随音楽(「結婚行進曲」で知られる)はこの戯曲に基づく。
(出展:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

脚本に忠実に上演すると三時間を越える作品とか。それを演出の中込は「一時間半くらい!長くても二時間にはさせない!」と断言し、作品を構成。・・・果たしてどこがどうなったのか・・・。原作を読んでいても読んでいなくても楽しめる作品になっています。

PR

コメント[0] トラックバック[0]
| HOME |

忍者ブログ [PR]